東京 投資用マンション 収益物件 収益用物件情報 株式会社トラストマネジメントジャパン

マンション経営のリスク

投資用マンションのリスク

投資用マンションにおいて想定されるリスクは主に6つあります。
  • 投資用マンションは購入しただけでは仕組みは回りません。
    入居希望者を募集し、賃貸契約をすることが必須です。

  • 投資用マンションにおいて、家賃の滞納、未払いはその根本を揺るがすものです。催促や取立ての問題も出てきます。

  • 建物の老朽化に伴って、維持するための修繕が必要です。
    修繕には多額の修繕金がかかりますが、物件によっては修繕計画がない、積立金がたまっていないなどの問題も出てきます。

  • 構造上、地震に対しては強い構造になっていますが、
    地震の規模等によっては、倒壊や損傷の恐れがあります。

  • 投資用マンションが成功するためには、管理会社の存在は不可欠です。
    万が一、管理会社が破綻した場合は、自分で管理するか、新たに管理会社を探す必要が出てきます。

  • 景気や金利の変化によって、賃料や返済金額も変わってきますので、
    利回りに影響が出てきます。